S.Kobe のすべての投稿

そうだ、髪を切ろう

と、言うわけで

 

放置すること2年を超え

 

筋トレに負荷をかけるための重りと化した、この束を切り落とすことにしました

 

人間の髪は月に約1センチ伸びると言われていますが、私の髪は25ヶ月で35センチ

 

すくすくと育ってくれたのに

 

無精な私にコンディショナーをはしょられたり…..

 

リンスインシャンプーで手抜きされたり…..

 

突然シャンプーが空になったときには、ボディソープと迷った挙句…..犬用シャンプーで洗われたこともありました

 

今回断髪した私の髪の毛は、4匹のボーダーコリーが出迎えてくれる我が美容室の協力のもと

 

ヘアドネーションへと提供し、もうひと働きしてもらうことになりました

 

今更ながら

 

もっと優しく大切に育てればよかった…..

 

0A76FCD3-2AC1-4C84-83C3-DD647FC6E688

ヘアドネーション(英: Hair Donation)とは、小児がんや先天性の脱毛症、不慮の事故などで頭髪を失った子どものために、寄付された髪の毛でウィッグを作り無償で提供する活動

ジャネの法則

「時間の心理的長さは年齢に反比例する」

確かに歳を取ると時が過ぎるのが早く感じます。

だって前回の初ブログからもう2ヶ月・・私の体感では1ヶ月もたっていません。

 

次のブログでは我が家の様々な動物たちをピックアップしようと思っていましたが、昨日読み終えた本がとてもおもしろかったので今日はそちらをご紹介しようと思います。

 

81RbHcPCbYL

 

このミステリーがすごい!2020年版』の7位にランクインした作品です。

 

昭和60年代に実際に起きた豊田商事会長刺殺事件を起点に詐欺師の半生を描いたストーリーなので、読み始めは決して口当たりのいいものではありません。

でも、とにかく続きが気になる・・一瞬たりとも気が抜けない展開。

そして、ふと被害者側ではなく詐欺師側の目線に立って爽快感を感じ、応援さえしている自分に気づく。

長編にありがちな中だるみも感じることなくトップスピードで一気読み。

内容が内容だけにイヤミス(後味が悪く、嫌な気持ちで終わるミステリー作品)まっしぐらかと思いきや

ラストは「圧巻」の一言。期待以上でした。

「もはや敵なし、人でなし」 レビューで見かけたこの言葉が一番しっくりきました。

 

これはミステリー小説なのか・・?と思わないでもないけど、この世の一番のミステリーは人間の感情だと思うのでミステリー小説と言うことで。

続編を期待する声も多いようですが、私はここまででいいと思いました。

 

 

けっこうな長編ですが、どなたか読了された際には感想を聞かせてください。

それではまた2ヶ月後にお会いしましょう。

人生初ブログ

こんばんは、佐賀営業所web入力担当の小部です。

 

本日を皮切りに2ヶ月に1回の頻度でブログに参加させていただくことになりました。

 

「皮切り」とは物事の始まりという意味で使うので、同じことの繰り返しのような毎日を過ごすことを好む私としてはあまり好きな言葉ではありません。

 

前に皮切りの語源が気になり国語辞典を引いてみたことがあります。

本来はお灸の用語で、皮が切られるような痛みを感じる最初にすえる灸のこと…とありました。

 

ちなみにWikipediaではなく国語辞典で引くのが好きです。

 

昨日、ブログ当番を知らされてから正直気が重く

何を書こうかと一瞬悩みましたが

とりあえず皮が切られる痛みに比べれば悩むほどのことでもないか…と

 

思うがままに書いてみるとこうなりました。

次からはもう少しちゃんと主題を考えて書こうと思います。

専門分野は人間以外の生物、そして筋トレと読書が好きです。

 

と言うわけで、ある程度の長さになりましたので今日はこの辺で。

免許の更新日のように忘れた頃にまたやってきますので、よろしくお願いします。