komiya のすべての投稿

サガン鳥栖2020開幕!!

今年のサガン鳥栖の公式戦が始まりました!!

J1のチームは、J1リーグ戦ルヴァンカップ天皇杯3つを戦うのですが、
今年はまず、ルヴァンカップが2月16日(日)に開幕。
駅前不動産スタジアム(鳥栖スタジアム)で開催されたので、
さっそく観戦してきました。

対戦相手は、去年のルヴァンカップ準優勝チームの北海道コンサドーレ札幌
強敵です。
0対3で負けましたが、
新加入の内田選手(左サイドバック)の敵陣深くまでえぐるドリブル突破が凄かった!
同じく新加入の森下選手(右サイドバック)も良かったし、
ケガで戦列を離れている原選手(オリンピック日本代表候補!)が戻って来るし、
サイドバックに関してはとても期待しています。

あと、去年はほとんど見られなかった
裏へのスルーパスがたくさん通っていたのも印象的でした。

ただ、(惜しいシュートはあったものの)無得点だったのと、
センターバックが高いバウンドのボールの処理を誤って3失点目になってしまったので、その辺りが不安です。

お試し的な要素のあるルヴァンカップ布陣とは違い
2月22日(土)のJ1リーグ開幕戦(vs.川崎フロンターレ @等々力競技場)では、
最高布陣で臨むはずなので、
ここで今年のサガンの実力をある程度はかってみたいと思います。

その後、2月26日(水)には、ルヴァンカップのvs.横浜FC三浦知良選手が所属!)が
また駅スタであり、
2月29日(土)も、駅スタでJ1のvs.セレッソ大阪です。
また観戦してきます。

鬼滅の刃(アニメ)全26話

鬼滅の刃』アニメの全26話を(遅ればせながら)短期間でまとめ観しました。

2週間前のブログで書いていた「気になったこと」の内、

主人公の父親
回想で登場しましたが、
相変わらず現状(消息情報)は不明な上、
新しい謎(ヒノカミ&着ていた羽織の模様)もさらに増えました。

お師匠様ひょっとこ(37歳)の接触は、
兄弟子の冨岡義勇の刀を納品した可能性が出て来ました。
(他の刀鍛冶が担当した確率が単純には高そうですが)。
でも、
選別」時に冨岡手鬼の接触がなかったということ?
接触したら、それぞれ互いの存在を許さないだろうし、
つまるところ、冨岡がお面を着けてなかったのかな?

主人公の同期の中で、唯一まだ戦闘シーンのない
不死川 玄弥(しなずがわ げんや)の活躍を含めて、
2ndシーズンを早く観たいですね。

まー、待ちきれずに
原作コミックを読み漁ることになりそうですが(笑)

鬼滅の刃(アニメ)

クライアント様が
人気コミックのグッズを賞品として出すそうなので、
これを機にアニメを数話まとめて観ました。

※ちょうど期間限定でネット公開中でした。

うわさに違わす面白かった!!

気になったのは、
主人公の名前の「治郎」が、もし次男を示す「次郎」と同義なら、長男は?
また、主人公の父親は最近(?)乳飲み子を残してどこに消えた?
伏線なのかも 汗)

そしてツッコミとしては、
お師匠様ひょっとこ(37歳)は性格を知るほどの仲だが、
接触する機会はずーっとなかったのでは?
もしかして、
飲み会とかの会合が定期的にあるとか?
もしくは、師匠と不肖の弟子(不合格?)の関係だったとか?

新品同様のマグカップ♪

明けましておめでとうございます。

今年もアドキュウをよろしくお願い申し上げます。

 

今日が仕事始めだったんですが、

職場で使っているマグカップ

大掃除の時に同僚が綺麗にして下さっていたみたいで、

新品のようにピッカピカになっていました。

元々こんなに白かったのか!と驚いたととともに

ずっと薄汚れていたまま使っていた事に驚愕しました… ガクブル。

 

さっそく有り難く使わせてもらってコーヒーを飲んだら、

あっさり薄茶色くなってしまいました。

カフェイン恐るべし。

サガン鳥栖、このままいくと…

サッカー J1リーグの最終節(第34節、12月7日(土))、
どんでん返し凄いドラマがありました。

自動J2降格圏(18位17位)はすでに松本磐田に決まっていて、
プレーオフJ1・J2入れ替え決定戦)に回される16位争い
サガン鳥栖も加わっていました…。

この16位になる可能性が残っていたのが、
鳥栖(直前で14位)・清水(同15位)・湘南(同16位)の3チームでした。

しかも、鳥栖清水との直接対決
湘南松本(同18位)との最終戦でした。

鳥栖は、勝つ引き分けると自力で15位以上になれ、
負けても「湘南引き分け負け」で15位という状況でした。

この2試合を時系列で振り返ると…

まず、後半23分清水ドウグラス選手に凄いシュートを決められ
ドラマが動き出します。 「清水 1対0 鳥栖」。
このままいくと… 12位 清水、 15位 鳥栖16位 湘南。 ギリギリ(冷たい汗)。

ところが、試合終盤の後半40分
湘南野田隆之介選手(元鳥栖)がゴールし、「松本 0対1 湘南」。
このままいくと… 12位 清水、 13位 湘南16位 鳥栖。 大ピンチ…。

しかししかし、土壇場の後半45分
松本阪野豊史選手が得点してくれて、「松本 1対1 湘南」。
このままいくと… 12位 清水、 15位 鳥栖16位 湘南
このまま試合終了し、
サガン鳥栖ギリッギリでJ1残留を成し遂げました。

最終的に、鳥栖湘南
勝ち点で並び、得失点差のわずか2点で明が分かれました。

今期サガン鳥栖
開幕から10試合前監督でわずか1得点・1勝という
大きなハンデを負ってのスタートだったので、
来期もっといい成績を残してくれると期待しています。

サガン鳥栖、土俵際か崖っぷちか

サガン鳥栖、ホームでの今期最終戦となる
J1第33節 北海道コンサドーレ札幌戦が11月30日に
駅前不動産スタジアムであり、
残念ながら0対2で敗れ、
J1残留にいよいよ後がなくなりました。

とは言っても、
自動降格の2チーム(17位と18位)は確定していて、
残るはプレーオフ(J2のチームとJ1を賭けた一発勝負の試合)に回る16位か、
15位以上になって自動残留するか
…の瀬戸際です。

16位になる可能性があるのは、現在
14位鳥栖(勝ち点36 得失点差-20
15位清水(勝ち点36 得失点差-25
16位湘南(勝ち点35 得失点差-23)の
3チーム。

ところが、
鳥栖は最終34節、清水とアウェーで直接対決!
引き分け以上自力J1残留です。
このカード、今年はすでに2度対戦していて
(※ルヴァンカップの2試合はあえて除きます)、
6月3日のJ1第17節 鳥栖 4-2 清水
10月23日の天皇杯(準々決勝) 鳥栖 0-1 清水
の戦績です。
しかも、シーズン途中でGK大久保選手が清水に電撃移籍したという因縁も。
火花を散らす壮絶な試合になりそう…。

湘南は最終34節で最下位の松本と対戦。
湘南が負けたら、鳥栖の勝敗に関係なく、鳥栖は残留
湘南が引き分けなら、鳥栖は2点差負けまではOK
(3点差負けは勝ち点も得失点差でも並ぶが、湘南との対戦成績の得失点差で湘南が上…)
湘南が勝利なら、鳥栖は引き分け以上の結果が必要です。
3連敗中でJ2降格が確定した松本がどこまで踏ん張ってくれるか…。
ちなみに、4月14日のJ1第7節では、湘南 1-1 松本の引き分けでした。

もし、16位になってもプレーオフ勝てばJ1残留なのですが、
来期のチーム編成(特に選手確保)において、早々にJ1を決めたチームに比べて大きく出遅れ
今年以上に勝てなくなるのは過去の例が示しています。
なので、
何としても15位以上になってもらいたいものです。
必勝!

サガン鳥栖ラストゲーム

サガン鳥栖、第31節の松本山雅との試合に勝利し、
J1残留がほぼ確定的になったと思います。

と言うのも、
J1リーグ戦が残り3試合で、

18位(最下位)の磐田は
勝ち点25で、残り3連勝しても
鳥栖(勝ち点35)にも自動残留の16位にも届きません。
残留争い的には眼中になし。

17位の松本(勝ち点30)は
鳥栖(勝ち点35)との勝ち点差が5ですが、
得失点差では松本が3点だけ上まわっているので
「実質 勝ち点差4.5」と言えるかも。
次節は2位の横浜、33節は9位のガンバ大阪、最終節は16位の湘南と直接対決です。
順位の力関係による単純予想で、良くて勝ち点4(×△○)の上積み。

16位の湘南(勝ち点31)は、
ここ9戦で0勝7敗2引き分け、
6連敗中(わずか2得点)と絶不調。
得失点差では鳥栖に大きくアドバンテージ(「実質 勝ち点差4.5」)。
次節は1位の東京、33節は6位の広島、最終節は17位の松本と直接対決です。
湘南も「良くて勝ち点4(×△○)の上積み」と簡易予想。
「最悪の場合、勝ち点1〜0」というのも ありえそう。

15位の清水(勝ち点35)は、4連敗中で
次節は7位の大分、33節は5位のセレッソ大阪、最終節は14位の鳥栖と直接対決!
6連敗になって鳥栖との対戦になるかも…。

14位の鳥栖(勝ち点35)は、ここ7試合
すべて1点差以内の試合で、3勝2敗2引き分け(○×△○×△○)。
次節は12位の名古屋(勝ち点36)、33節は8位の札幌、最終節は15位の清水と直接対決!
札幌は手強そう(前回の対戦は1対3で敗戦)ですし、
最終節は最悪の場合、互いに背水の陣の可能性もあるので、
なんとしても名古屋戦(前回の対戦は、開幕戦・前監督体制で0対4の敗戦)で勝ち点を上積みして
自力で残留をたぐり寄せたいところ。

13位の浦和(勝ち点36)は、ACLも戦っているせいか
ここ4試合戦で0勝3敗1引き分けと不調。
32節の川崎戦はすでに消化、33節は1位の東京、最終節は9位のガンバ大阪と対戦。
「最終節だけでどれだけ勝ち点を稼げるか!?」となるかも。

12位の名古屋(勝ち点36)は、
前節は神戸に勝ったが、
その前の8試合は0勝5敗3引き分けと絶不調でした。
次節は14位の鳥栖、33節は18位の磐田、最終節は3位の鹿島と対戦。

※順位や勝ち点などは第31節終了時。

サガン鳥栖のホームゲームは、残り1試合
33節 11月30日(土)14時に試合開始です。
ぜひ駅前不動産スタジアム(鳥栖スタジアム)へ!!

サガン鳥栖6点ゲーム

11月10日(日) 15時から駅前不動産スタジアム(鳥栖スタジアム)で
J1リーグ サガン鳥栖 vs 松本山雅 の試合があります。

J1残留を争う15位と17位の直接対決裏・天王山”です。

「勝てば、勝ち点3を得るだけでなく、
相手の勝ち点3を得るチャンスを奪う」ので、
勝ち点6分の価値のある重大な試合“six pointer”になります。

この試合で鳥栖が勝てば、鳥栖のJ1残留は95%という説もあります。
逆に敗れると、勝ち点2差だったのをひっくり返され、松本に順位を追い越されてしまいます。

もし、16位でシーズンを終えてしまうと、
J2の3位のチームとJ1の椅子を賭けた“入れ替え戦”をすることになります。
入れ替え戦でJ1残留を決めても、
先にJ1(残留&昇格)を決めた17チームに
来期のチーム編成(選手獲得)で後手を踏んでしまうので、
成績もさらに厳しくなります。

ちなみに、17位18位は、J2に降格です。
代わりに、J2の1位と2位のチームがJ1昇格。

なので、
なんとしても勝ってもらって、
J1残留を決定的にして欲しいものです。

ハロ店頭に帰る

佐賀大学(本庄キャンパス)の近くの『焼肉さるさ』、
ここのオーナー(熱狂的『ガンダム』ファン。通称『大佐』)とは知り合いで
お店にも何度も食べに行っています。

店内にはガンプラ(『ガンダム』のプラモデル)などの
『ガンダム』グッズが所狭しと飾ってあります。

玄関のガラスドアの前には
『ハロ』(『ガンダム』に登場する球状のロボット。
. ※木彫り。オーナーの親戚?!の宮大工さんが2012年頃制作)と、
コックさんの置物(『ガンダム』とは関係なし。陶器?)が
置いてありましたが、

『焼肉さるさ』店頭
『焼肉さるさ』店頭(画像はGoogleより)

先日(8月28日)の豪雨浸水で、これらは水に流され行方不明に…。

しかし、木彫りの『ハロ』は
には近所の佐大3年生の家の前に流れ着いていて、
その佐大生がツイッターでその事をつぶやくと、
「『さるさ』のオブジェでは?」という情報が寄せられ、
すぐ近く(100mほど)だったこともあり
さっそく届けに行かれた(11時過ぎ。水が引き始めた頃!?)ものの、
店のスタッフが不在だったので置いて帰られ
ツイッターでその事を報告。

そして、19時頃にオーナーが店に来てみたら、
コックさんも、誰かがそっと元の場所に戻してくれていたそう。
帰艦(帰還)後に、「タムラさん」(『ガンダム』に登場するコック。塩不足をうったえる)と命名されました。

残る『ハロ』の台座
11日後に「これですよね」とお店に持って来てくれた方が!
近所の駐車場の隅にあったそうで、
オーナーは「ハロの台座とよく分かったよな~」と驚かれ
帰還を喜ばれていました。

↓ツイートのまとめ↓
佐賀豪雨でハロが漂流するもツイから持主みつかる(Togetter)

お店の被害は玄関先の浸水のみで、
店内の『ガンダム』コレクションは無事でした。

ただ、残念なことに『焼肉さるさ』は11月30日(土)で閉店
新事業に取り組むそう。

焼肉さるさ』の『ガンダム』コレクション等に興味のある方は
お早めに来店されることをオススメします。

佐賀駅、豪雨の爪痕

豪雨水害の後、佐賀駅に寄る用事があり、
駅前の送迎用の駐車場に止めようとしたら、
駐車券を発券する機械の遮断バーが上がったまま

不思議に思いつつも
駐車券をもらおうと機械の本体を見たら、

IMG_1186_

膝上まで浸水したので、機械が壊れたようです。
しかも(周囲一帯の駐車場の機械も同様に壊れてて)
修理もすぐにできない。
なので、ゲートを開放していたようです。
おかげで、ほぼ満車状態でしたが、なんとか駐車できました。

佐賀駅の北側は、市街地で最も低い場所のひとつで、
すぐ水に浸かることで有名ですが、
今回はかつてないほど水嵩があったようです。

浸水の翌日、駅の西側の国道や、その横の公園でも
壊れて放置された自動車を何台も見かけました。

国道沿いのお店の前のフェンスが大きく斜めに傾いていて、
訊いてみたら、浮いて流されてきた車がぶつかったとの事。
どれだけ水嵩があったのか…。

武雄市方面に比べて、長引く被害は少なかったみたいですが、
佐賀市中心部ではこんな爪痕を見かけました。